1. TOP >
  2. INFO >
  3. ハウスダストとは?

Allegie

ハウスダストとは?

あなたは「ハウスダスト」というものの実体を正しく理解していますか?
このページでは、ダニがどのようにしてハウスダストになり、人間にとってのアレルギー原因となるのか、その仕組みを解説いたします。

ハウスダストとは「ダニ」である

「ハウスダスト」は定義があいまいな言葉ですが、一般的には「家の中のチリ・ホコリ」と認識されていることが多いようです。また、家の中のチリ・ホコリは様々な物質でできており、ダニの糞・死がい、カビ、細菌、花粉、ペットや人間のフケ・アカ、繊維塵、砂塵といったものが挙げられます。

しかし、ハウスダストを“アレルゲン”として見る場合は、「ハウスダスト=ダニ(糞・死がい)」と考えるのが妥当です。なぜなら、ハウスダストを“アレルゲン”として見る場合は、非アレルゲン物質(人間のフケや繊維塵 等)を考慮する必要がないからです。

また、ハウスダストに含まれる成分のうち「ダニの糞・死がい」は、アレルギー原因のトップであることもわかっています。

ダニがハウスダストになる仕組み

ダニは通常、布団の中や絨毯の奥でひっそりと生活しており、生きているダニ自体が空気中を飛び回れるわけではありません。

しかしダニは、一生で500個以上の糞をします。糞の大きさは 0.01~0.04mm程度と非常に小さいのですが、乾燥するとさらに細かな粉末となり、その大きさは1~2ミクロンにもなります(1ミクロンは0.001mm)(※1)。

細かな粉末になれば、布団や絨毯の中からたやすく空気中に舞い散ることができます。
この仕組みにより、ダニは、空気の流れに乗って室内を漂い続ける「ハウスダスト」になるのです。
また、ダニ自体も、死がいになると乾燥し、手足が取れたり体が崩れたりして、細かな粉末になります。この死がいのかけら・粉末も、糞と同様に空気中を舞い、漂います。

ダニがハウスダストになるまで

下記グラフも、ダニがハウスダストの原因となることを示しています。ダニの数は梅雨シーズンに増加しますが、ハウスダスト(ダニの死がい・糞)の量はその3ヶ月後に増えています。これは、ダニの寿命が約3ヶ月であり、その間に大量の糞をするためで、ダニがハウスダストの原因となることを裏付けています。

グラフ

なぜハウスダスト(=ダニ)にアレルギー反応を起こすのか ~犯人は「酵素」~

「ハウスダスト(=チリダニの糞・死がい)」は、なぜ人間のアレルギー反応を引き起こすのでしょうか。実はその原因は、チリダニに含まれる“システインプロテアーゼ”“セリンプロテアーゼ”といったタンパク質にあります。

両物質の名前に共通する「プロテアーゼ」とは、ダニが食物を消化するために必要な「消化酵素」です。ダニの体の中でも特に「消化管」に多く存在し、また、消化活動の結果として「糞」にもたくさんのプロテアーゼが含まれることになります。

チリダニは、人間の皮膚(の剥落物)やフケを主食としているため、その消化酵素であるシステインプロテアーゼ・セリンプロテアーゼには当然、人間の皮膚を消化する役割があります。人間の鼻・目の粘膜や皮膚、気管支等に触れると、その表面を溶かして体内に入り込んできます(※2)。

このような仕組みで、空気中に漂うチリダニの糞・死がいが人間の体内に取り込まれ、それらを人間が「異物」として過剰に攻撃するために、様々なアレルギー症状が引き起こされるのです。

グラフ
※1 参考:  愛知県衛生研究所「居住環境のダニとダニアレルゲン」( http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/5f/dani.html )、ほか
※2 参考:  housedustmite.com( http://housedustmite.com )ほか

SHARE YOUR OPINION

MAIN PAGE

  • ダニの種類について

    ダニの種類について

    ダニとヒトの共存関係は古く、人類の有史以来の付き合いと言われています。 また現在では、ほぼすべての家庭にダニが生息しています。このページではダニの種類と、それぞれの人間との関わり方について解説いたします。

  • ダニの生態

    ダニの生態

    ダニと一口に言っても、その種類によって生態は様々です。 このページでは一般的なダニとして、人間の生活と最も関わりが深いダニである「チリダニ」について、その生態をご紹介します。

  • ダニは一番のアレルゲン

    ダニは一番のアレルゲン

    人間が生活している環境には、アレルギー反応を起こす様々な物質(アレルゲン)が存在しています。その中でも、日本人がアレルギーを引き起こす割合が最も高いのは「ダニ」。このページでは、アレルゲンとしてのダニについて解説してまいります。

  • ハウスダストとは?

    ハウスダストとは?

    あなたは「ハウスダスト」というものの実体を正しく理解していますか? このページでは、ダニがどのようにしてハウスダストになり、人間にとってのアレルギー原因となるのか、その仕組みを解説いたします。

  • ダニアレルギーの症状

    ダニアレルギーの症状

    ダニによって引き起こされるアレルギーは、人の体に様々な形で現れます。 このページでは、ハウスダストの主な原因、チリダニによって引き起こされる症状について、ご紹介します。

  • ダニ対策 基本3原則

    ダニ対策 基本3原則

    ダニ・ハウスダストのアレルギーでお悩みの方でも、「チリダニ」への対策を行えば、快適に生活することが出来ます。 このページでは、チリダニ対策の基本3原則についてご紹介します。

  • 既存ケアの評価

    既存ケアの評価

    ダニ・ハウスダスト対策には様々な方法がありますが、その効果はまちまち。 このページでは、一般的なケア方法について、その実際の効果を解説します。

  • ダニとの付き合い方

    ダニとの付き合い方

    実は、家庭内のダニを絶滅させることは不可能と言えます。 ダニやハウスダストとは、アレルギーが発症しないように、うまく付き合っていくことが大切です。

  • 1

    レイコップRSの花粉除去性能に関する実験レポート

    レイコップ・ジャパン株式会社は、2014年2月1日〜2月5日、レイコップ(レイコップRS)を用い、「レイコップの花粉除去性能に関する実験」を行いました。

  • 1

    ダニとハウスダストの意識調査

    レイコップ・ジャパン株式会社は、2012年11月2日〜5日、1,090人の消費者(20歳以上の男女)を対象に、「アレルギーとハウスダストについての意識調査」を行いました。

  • 1

    レイコップ ジニーTの花粉除去性能に関する実験レポート

    レイコップ・ジャパン株式会社は、2013年1月6日〜10日、レイコップ(ジニーT:ジャパネットたかたモデル)を用い、「レイコップの花粉除去性能に関する実験」を行いました。

  • ダニの種類について

    ダニとヒトの共存関係は古く、人類の有史以来の付き合いと言われています。 また現在では、ほぼすべての家庭にダニが生息しています。このページではダニの種類と、それぞれの人間との関わり方について解説いたします。

  • ダニの生態

    ダニと一口に言っても、その種類によって生態は様々です。 このページでは一般的なダニとして、人間の生活と最も関わりが深いダニである「チリダニ」について、その生態をご紹介します。

  • ダニは一番のアレルゲン

    人間が生活している環境には、アレルギー反応を起こす様々な物質(アレルゲン)が存在しています。その中でも、日本人がアレルギーを引き起こす割合が最も高いのは「ダニ」。このページでは、アレルゲンとしてのダニについて解説してまいります。

  • ハウスダストとは?

    あなたは「ハウスダスト」というものの実体を正しく理解していますか? このページでは、ダニがどのようにしてハウスダストになり、人間にとってのアレルギー原因となるのか、その仕組みを解説いたします。

  • ダニアレルギーの症状

    ダニによって引き起こされるアレルギーは、人の体に様々な形で現れます。 このページでは、ハウスダストの主な原因、チリダニによって引き起こされる症状について、ご紹介します。

  • ダニ対策 基本3原則

    ダニ・ハウスダストのアレルギーでお悩みの方でも、「チリダニ」への対策を行えば、快適に生活することが出来ます。 このページでは、チリダニ対策の基本3原則についてご紹介します。

  • 既存ケアの評価

    ダニ・ハウスダスト対策には様々な方法がありますが、その効果はまちまち。 このページでは、一般的なケア方法について、その実際の効果を解説します。

  • ダニとの付き合い方

    実は、家庭内のダニを絶滅させることは不可能と言えます。 ダニやハウスダストとは、アレルギーが発症しないように、うまく付き合っていくことが大切です。