1. TOP >
  2. INFO >
  3. ダニの生態

Allegie

ダニの生態

ダニと一口に言っても、その種類によって生態は様々です。
このページでは一般的なダニとして、人間の生活と最も関わりが深いダニである「チリダニ」について、その生態をご紹介します。

チリダニの大きさ・見た目

sa

チリダニの大きさは0.1~0.3mm程度(※1)。よほど注意深く観察しないと、肉眼で見つけることはできません。
隠れられる場所を好むため、人前に出てくることは基本的にはないと言えます。また、足は8本あり、目も口もあります。

なおチリダニは、空気中の水分を体表面から吸収しながら体内の水分量を調整しています。

チリダニの生育環境

チリダニの生育に適した「湿度・温度」

チリダニは、私たち人間が住んでいるあらゆる場所に生息していると言われています。
それは、チリダニの生息に適した環境と、人間にとって快適な環境が一致しているからです。

チリダニの生育に大きく影響する要因としては、まず「湿度」と「温度」が挙げられ、湿度:60%~80%(※2)、温度:25℃~30℃(※3)が、チリダニにとっては最も繁殖しやすい環境だと言われています。

日本の平均的な気温。温度

チリダニの「エサ・主食」

チリダニが主食としているのは「人体から出るホコリ」。つまり、フケやアカです。
私たち人間の体からは、目に見える大きさのフケ・アカだけでなく、皮膚表面が剥がれたごくごく小さな“かけら”が常に出ていて、周囲に落ちています。
その「皮膚のかけら」を主食にして、チリダニは繁殖します。

人体から出るホコリがチリダニのエサに

ですから、人間が長い時間を過ごす場所である「布団」や「ソファ」には、チリダニのエサが溢れかえっていると言えます。
※チリダニは他にも、人間の食べ物のカスやカビ、花粉なども食べます。

 

チリダニが好む「住み処」

ダニも他の動物と同じく、隠れやすく外敵の影響を受けにくい場所を好みます。表面がツルツルした場所よりも、繊維が密集しているジャングルのような場所、つまり布・毛でできた製品の中が、チリダニにとっては最適な環境なのです。

チリダニが好む環境

ごく小さいダニにとっては、布の繊維1本1本は、人間にとっての「電柱」ほどの大きさとなります。ダニは、そういった繊維にしっかりとしがみつき、歩きまわり、生活しています。

ダニの生育・繁殖に適した環境は「湿度・温度」、「エサ」、「住み処」のすべての点において、人間が生活する環境にぴったりと符合していることがわかります。

中でも、チリダニにとって最も理想的な環境と言えるのは、人間が1日の3分の1を過ごす布団やベッド、枕です。

布団では、人間は毎日コップ1杯の汗をかくと言われている通り、高い「湿度」が維持されます。また、人間が心地よく眠るために、ちょうど良い「温度」も維持されています。

さらに、チリダニの「エサ」となる皮膚剥落物は、一晩かけてたっぷりと布団や枕に振りまかれており、布団の中には繊維も密集しているため、まさに理想的な「住み処」だと言えるでしょう。

布団と比較すると湿度・温度の面で分が悪いとはいえ、部屋に敷き詰められた「カーペット」も同様に、チリダニにとっては最適な環境であると言えます。

チリダニの一生

チリダニの寿命は2~3ヶ月と言われています。一般的にダニは、卵からかえってから約2~3週間で成虫になりますが、メスが死ぬまでの間に産む卵の数は、50~100個と言われています(※5)。

したがって、生育に適した環境があれば、チリダニはねずみ算式に増えていきます。
チリダニは1日に6個程度の糞をします(※6)。仮に3ヶ月生きたとすると、一匹のダニが540個の糞をすることになります。また、1匹が100個の卵を産んだとすると、その100匹が一生でする糞は54,000個にもなります。

ねずみ算式に増えるアレルゲン

「しがみつき」の習性

ダニも、他の動物と同じように、自分の身を守る習性を持っています。

チリダニは、強い風などの衝撃を受けると、身近なもの(繊維)にしがみつく習性があり、いったん繊維にしがみつくと、風速40メートルの風でも飛ばされないと言われています(※7)。

また逆に、そこそこの弱い風だと、たやすく吹き飛ばされるとも言われています。

※1,2,3 参考:  NHK生活情報ブログ「秋はダニに注意」( http://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/400/134844.html )
新潟市 ダニ対策( http://www.city.niigata.lg.jp/iryo/kankyoeisei/sawayaka_home/dani/dani_taisaku.html )ほか
※4,5,6 参考:  くろさか小児科アレルギー科「ダニと喘息」( http://www.rose.sannet.ne.jp/kuroshou/danitozensoku.htm )
および同ページ内参考文献 ほか
※7 参考:  NHKミクロワールド 第22回 「ひそかなる同居者 ダニ」( http://cgi2.nhk.or.jp/school/movie/bangumi.cgi?das_id=D0005100066_00000 )
こどもと喘息(西藤こどもクリニック)( http://www.kodomo.co.jp/asthma/kankyo/mite.htm )ほか

SHARE YOUR OPINION

MAIN PAGE

  • ダニの種類について

    ダニの種類について

    ダニとヒトの共存関係は古く、人類の有史以来の付き合いと言われています。 また現在では、ほぼすべての家庭にダニが生息しています。このページではダニの種類と、それぞれの人間との関わり方について解説いたします。

  • ダニの生態

    ダニの生態

    ダニと一口に言っても、その種類によって生態は様々です。 このページでは一般的なダニとして、人間の生活と最も関わりが深いダニである「チリダニ」について、その生態をご紹介します。

  • ダニは一番のアレルゲン

    ダニは一番のアレルゲン

    人間が生活している環境には、アレルギー反応を起こす様々な物質(アレルゲン)が存在しています。その中でも、日本人がアレルギーを引き起こす割合が最も高いのは「ダニ」。このページでは、アレルゲンとしてのダニについて解説してまいります。

  • ハウスダストとは?

    ハウスダストとは?

    あなたは「ハウスダスト」というものの実体を正しく理解していますか? このページでは、ダニがどのようにしてハウスダストになり、人間にとってのアレルギー原因となるのか、その仕組みを解説いたします。

  • ダニアレルギーの症状

    ダニアレルギーの症状

    ダニによって引き起こされるアレルギーは、人の体に様々な形で現れます。 このページでは、ハウスダストの主な原因、チリダニによって引き起こされる症状について、ご紹介します。

  • ダニ対策 基本3原則

    ダニ対策 基本3原則

    ダニ・ハウスダストのアレルギーでお悩みの方でも、「チリダニ」への対策を行えば、快適に生活することが出来ます。 このページでは、チリダニ対策の基本3原則についてご紹介します。

  • 既存ケアの評価

    既存ケアの評価

    ダニ・ハウスダスト対策には様々な方法がありますが、その効果はまちまち。 このページでは、一般的なケア方法について、その実際の効果を解説します。

  • ダニとの付き合い方

    ダニとの付き合い方

    実は、家庭内のダニを絶滅させることは不可能と言えます。 ダニやハウスダストとは、アレルギーが発症しないように、うまく付き合っていくことが大切です。

  • 1

    レイコップRSの花粉除去性能に関する実験レポート

    レイコップ・ジャパン株式会社は、2014年2月1日〜2月5日、レイコップ(レイコップRS)を用い、「レイコップの花粉除去性能に関する実験」を行いました。

  • 1

    ダニとハウスダストの意識調査

    レイコップ・ジャパン株式会社は、2012年11月2日〜5日、1,090人の消費者(20歳以上の男女)を対象に、「アレルギーとハウスダストについての意識調査」を行いました。

  • 1

    レイコップ ジニーTの花粉除去性能に関する実験レポート

    レイコップ・ジャパン株式会社は、2013年1月6日〜10日、レイコップ(ジニーT:ジャパネットたかたモデル)を用い、「レイコップの花粉除去性能に関する実験」を行いました。

  • ダニの種類について

    ダニとヒトの共存関係は古く、人類の有史以来の付き合いと言われています。 また現在では、ほぼすべての家庭にダニが生息しています。このページではダニの種類と、それぞれの人間との関わり方について解説いたします。

  • ダニの生態

    ダニと一口に言っても、その種類によって生態は様々です。 このページでは一般的なダニとして、人間の生活と最も関わりが深いダニである「チリダニ」について、その生態をご紹介します。

  • ダニは一番のアレルゲン

    人間が生活している環境には、アレルギー反応を起こす様々な物質(アレルゲン)が存在しています。その中でも、日本人がアレルギーを引き起こす割合が最も高いのは「ダニ」。このページでは、アレルゲンとしてのダニについて解説してまいります。

  • ハウスダストとは?

    あなたは「ハウスダスト」というものの実体を正しく理解していますか? このページでは、ダニがどのようにしてハウスダストになり、人間にとってのアレルギー原因となるのか、その仕組みを解説いたします。

  • ダニアレルギーの症状

    ダニによって引き起こされるアレルギーは、人の体に様々な形で現れます。 このページでは、ハウスダストの主な原因、チリダニによって引き起こされる症状について、ご紹介します。

  • ダニ対策 基本3原則

    ダニ・ハウスダストのアレルギーでお悩みの方でも、「チリダニ」への対策を行えば、快適に生活することが出来ます。 このページでは、チリダニ対策の基本3原則についてご紹介します。

  • 既存ケアの評価

    ダニ・ハウスダスト対策には様々な方法がありますが、その効果はまちまち。 このページでは、一般的なケア方法について、その実際の効果を解説します。

  • ダニとの付き合い方

    実は、家庭内のダニを絶滅させることは不可能と言えます。 ダニやハウスダストとは、アレルギーが発症しないように、うまく付き合っていくことが大切です。